ラテンアメリカ.jpとは お知らせ BIZEN中南米美術館情報 概要 アクセス 最新展示・催し物情報 今月のクローズアップ 出張講演サービス 館内ツアー受付 ミュージアムショップ 備前市観光情報 ラテンアメリカ関連情報 民族学ストーリー 関連イベント情報 クッキングレシピ 関連書籍紹介 関連情報&リンク メールマガジン登録 リンクについて 広告について 個人情報について サイトマップ お問い合せ
開館日カレンダー
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
の日が開館日です

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
の日が開館日です

※ご来館一週間前までに2名様以上でご予約の場合は平日も開館致します。それ以降の予約では開館できない場合もございますが、当日朝も含め念のためお問い合わせください。
美術館催し物 古代アンデスの鳴る土器を使った「さえずりはじめの儀」を行ないます!(2018.12.14)
2019年1月2日(水)〜6日(日)の午前11時と午後3時から、古代アンデスの本物の鳴る土器(3千年前〜)を使って世の平安と参加者の健康を祈る「さえずりはじめの儀」を行ないます。水の中で鳴る土器、水を入れ鳴らす土器・・・通常は絶対に体験できない初春イベントです。古代アンデスの技術を生かして創作した鳴る備前焼から注ぐふるまい酒や運転者用にふるまいチチャ・モラーダ(紫トウモロコシのジュース)も予定しています。*入館料のみで参加可能。
美術館催し物 年末年始における開館日のお知らせ(2018.12.03)
2018年最終開館日は、12月24日(月)となります。
お正月は1月2日(水)から開館いたします。ぜひご家族、お友だちお誘いあわせのうえ、お越しください。
美術館催し物 「ペッカリーとホセ艦長のさえずる文明展」開催中(2018.10.20)
弊館では、2018年4月より岡山県立大学、東京大学、備前焼作家森敏彰氏らと共に、日エクアドル外交関係樹立100周年記念「古代アンデス文明の鳴るボトル・鳴る土偶研究プロジェクト」を推進しています。それは、これまで世界の研究で見落とされて来た、さえずる文明としてのアンデス文明の総合的、体系的な研究です。『さえずる文明展』は、理屈抜きでその素晴らしい音に満ちた文明を体験していただこうという展覧会です。ご案内は、弊館人気ミュージアムキャラクターのペッカリーと、ペッカリーの付き人にして17世紀のスペインからタイムスリップして日本にやって来た、館内に居候中のスペイン軍人であるホセ艦長。この一人と一匹の楽しいやりとりとガイドで、館内はまるで愉快なテーマパーク?
その他 電話回線不通のお詫び(2017.07.21)
電話回線の不具合により、7/21 16:30まで電話によるお問い合わせができない状況となっておりました。なお、現在は復旧しております。お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます。
その他 ペッカリーが歌う!日本の人気キャラソン集(2017.4.25)
来年2018年は、私どもの歌うご当地キャラ、ペッカリーのふるさとエクアドルと日本の国交100周年。 私どもでは今年から来年にかけ様々な記念事業を行いますが、その第一弾がこのキャラソン集。 ペッカリーが全国各地のキャラ友だちの歌をカバーし、その想いを全国に届けます。ミュージアムネットショップでお求めいただけます。 ↓↓↓
http://item.rakuten.co.jp/sommet/blam2602/
その他 当館所蔵、エクアドル出土の動物土偶をモデルにした  人気ゆるキャラ「ペッカリー」のファンブック発売開始!(2013.6.27)
故郷エクアドル及び備前市の子供たち、街の人々、魅力的なお店や文化施設、さらには両国政府の取材協力を得て人気のゆるキャラ、ペッカリーの物語を壮大なスケールで描く、楽しさ満載のファンブックがついに登場です。ペッカリーに関わる両国のごちそう、お店、グッズ、世界遺産や国宝、そして雄大な自然も数多くの色鮮やかな写真で掲載しています。全国の書店、館内ショップ、ミュージアムネットショップでお求めいただけます。→
http://item.rakuten.co.jp/sommet/blam19002/
お知らせ一覧
© BIZEN中南米美術館 このサイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
ペッカリーの部屋 ブログ ペッカリー Twitter ペッカリーモール マゲイシロップ物語 ビジターの声